吉見百穴(ひゃくあな)

 

 

先ずは腹ごしらえ

BGMは「チームしゃちほこ」♪
日曜日でしたが道路は空いており、快適!
片道約60kmの道のりです。

着きました。穴ボコの山肌が無気味です・・。
(古墳時代終末期の横穴墓群です。)

入場料300円なり。(国指定史跡だからか)安い。合格 !?

戦時中はここに地下軍需工場が作られました。その入り口です。

この辺りは凝灰岩(ぎょうかいがん)という加工しやすい岩盤で構成されているようです。

近くにある「岩窟ホテル(高荘館)」です。
高橋峰吉という人が、ノミ1本で、明治~大正の21年間をかけて造った”建物”です。
館内の花瓶・棚等まで彫り作られているそうです。

残念ながら現在は中に入れません・・。
崩落事故があったようです。

「岩窟売店」です。しっかり営業してます!

またまた無気味なものが・・と思えば、
「岩室観音」というお堂で、江戸時代の建造物のようです。
中にはお地蔵さんがたくさん並んでいます。

今回はちょっと不思議なスポットでした。
後に知ったのですが「百穴温泉」というヘビーな温泉もあるようです。
そのうち行ってみよう。